感述@辰屋

毎週日曜日12時の投稿出来るよう適度にやる「店主 辰人が体験したことなどの考えや感想など述べる」ブログです。

感想『【SQUARE ENIX】FINAL FANTASY VII REMAKEのレビューを述べてみた/待ち望んでた作品に仕上がっていた…!』

f:id:tatuhito0603:20200506180842p:plain
元々、PS版をプレイしていてフルリメイク版が出ると聞いてワクワクしてました。
いざ、発売されて楽しくプレイさせてもらいましたが、色々と言いたいこともあったのでレビューを書くことにしました。
後半には、ネタバレもありますので…。

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Video Game

感想

満足度  :★★★★★ 5

【一言で纏めると…】
これが、俺たちが待っていたFF7リメイクだ!

グラフィック、アクションなどその全てにおいて正に「俺たちが待っていたFF7リメイク!」と言える作品に仕上がっています。

正直、リメイクって言葉に騙されそうですが、バトルシステムやミッドガルの内部構造を再設計していますので、十分、現在のゲームクオリティになっています。
勿論、問題が無いわけではありませんが、ゲームが苦痛になるようなレベルではないです。
また、プレイしていくたびに「懐かしさの中に新鮮さや驚きを感じる」なんとも普通のリメイク作品では味わえない体験でした。

評価

f:id:tatuhito0603:20200418141743p:plain

ストーリー  :★★★★★ 5
グラフィック :★★★★★ 5
サウンド   :★★★★★ 5
システム   :★★★☆☆ 3
ボリューム  :★★★★☆ 4
ゲームバランス:★★★★☆ 4

  1. ストーリー
    まず、PS版FF7は「ミッドガル編」「ワールドマップ編」の二部構成になっています。
    今作は分作ということで、「ミッドガル編」までです。
    正直、PS版FF7のストーリーをほとんど覚えていないため、気持ち的には初めてやるぐらいでした。
    プレイしていくと「あぁーこんなシーンあったな」とか「うわっ!懐かしい!」とか「ミッドガル脱出と言えばバイクだよな!」とかところどころ覚えていましたけど、凄く楽しくプレイさせてもらいました。
    勿論、ストーリーはFF7準拠になっていますが、後述するフィーラーやローチェなど新キャラも居たりしますので、旧作をプレイしている人は懐かしく感じ、リメイクが初の人も十分楽しめます。
    ミッドガル編をすげぇー雑な説明ですると…。

    1. 魔晄エネルギーを使ってミッドガルを支配する神羅カンパニー
    2. それに反対するアバランチが過激なテロを実行
    3. 報復にミッドガルの一部をアバランチ拠点のスラムに落とす
    4. 阿鼻叫喚の地獄
    5. バレットの娘は無事だったけどエアリスが人質
    6. エアリス救出をするために本社に潜入
    7. ミッドガル脱出!
    8. ワールドマップ編突入!
  2. グラフィック
    グラフィックは流石です。
    また、今作ではミッドガルが中心なので内部構造の再設計や、スラム街のほの暗さなど雰囲気もしっかり出てました。
    一番感動したのは、
    「神羅カンパニーへ突入するために崩壊したプレートを昇っていくときに眺める山などの自然背景と夕焼け」 これは圧巻です。
    グラフィッカーの方々には、本当に頭の下がる思いです。
    FF7キャラクターの3Dモデリングを見たのは、ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレンが初めてで、その印象が強く残っていて…。
    リメイク発表のPVを見たときのクラウドが、その当時の印象そのままだったので良かったです。
    ティファに関しては、おっぱいが小さくなったりで色々と言われましたが、正直、ティファのエロさは変わらずだったのも素晴らしかった。

  3. サウンド
    これは、もう言うことなしですね…素晴らしい。やっぱり名曲の「闘う者達」や「更に闘う者達」は本当にテンション爆上げしてくれます。
    あと、最後に流れる「Hollow」はなんか聞いた声だなーと思って調べたら「Survive Said The Prophet」のヴォーカルなんですね。なんでわかったかって? えぇ、「劇場版第3部『コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道』」の主題歌「NE:ONE」で覚えてましたw
    ちなみに、この主題歌も良い曲でしたー。

  4. システム
    ちょっと分けて書いていきます。

    • バトルシステム
      「アクションゲームで使用する通常攻撃や回避・ノックバックやキャンセルを用いつつ、RPG特有の魔法などはコマンド式」です。
      店主は、この手のRPGをするのがすげぇー久しぶりでしたが、すんなり慣れることが出来ました。
      ただ、少々面倒くさいと感じる部分も…。

      1. 高所に設置された機械兵器処理
        クラウドなどの近接キャラでも、飛行型のモンスターや敵に攻撃してくれるんですが、高所に設置された機械兵器の処理はできません。
        何故なのか凄い疑問です。まぁ魔法があるから良いんですけど、場所によっては近接キャラがひたすら防御してATBが溜まったら魔法といった少々テンポが悪い部分もあります。
      2. ヘイトがプレイヤー操作キャラに集中
        必ずしもってわけじゃありませんが、プレイヤーが操作しているキャラにほぼヘイトが集まります。そのため、キャラの切り替えを利用したヘイト管理が必要です。
        ゲームを始める前には「クラウドにヘイトを集めつつエアリスが魔法で攻撃!」みたいなことが出来ません。正直、アクションゲームで複数キャラを使うならヘイト設定は必須だと思われます。
        これが無いのは、バトルのプレイ方法に影響出すぎです。
    • ゲームシステム
      UIも非常にうまく配置していましたね。情報を画面中央に集めることで視覚的な分散を無くしているのも流石です。
      マテリアルのソート設定が「デフォルト、レベル順、入手順」となっており、目的のマテリアルを探すのは少々苦労しますが、細かく分けられているわけじゃないのでそこまでではないかと。
      その他で言うと「マテリアルクイック」や「ギル」、「セーブ」など意外と使う機能が右下に追いやられていました、これでは見つけるのが少々苦労し不便さを感じてしまいます。
      因みにどうでも良い知識として、人は画面を見る時「Z」の動きをします。左上から右上に向かい、その後は左下、右下の順です。
      そのため、重要な情報は左上に置かれることが多いんですが、マテリアルクイックっていうのは結構、便利な機能が右下に配置されているため気づきにくいです。

    • フィールドシステム
      △ボタンを押してアクションすることがありますが、結構シビアでちょっとズレたためにアクションが出来ず微調整しようとして行き過ぎての繰り返しでイラっとすることがあります。 他にも、キャラが通路に詰まって邪魔に感じたり、梯子の上り下りでキャラが重なったりとまだまだ修正が必要な点もありそうでした。

  5. ボリューム
    今回は、「ミッドガル編」「ワールドマップ編」の中の「ミッドガル編」のみとなっていますが、クリアまで28時間程度かかりました。
    このクリア時間には、便利屋クエストを8割ほどこなして他のミニゲーム「闘技場」とか「シミュレーション」は、ほぼほぼやらなかったので全部やろうとすると「30時間~40時間ほど」でしょうか。 社会人になると、一つの作品に対して出来るゲームの時間も減るので、店主的には必要な内容以外をすっ飛ばして出来るこの時間が丁度いいです。
    勿論、上記の闘技場のようなやりこみ要素や、ハードモードなどもあるので実際のボリュームはもっと多いです。

  6. ゲームバランス
    まず一つ目に「難易度によるバランスに差がありすぎる」という問題があります。
    例えば、イージーだと「キャラチェンジをほぼしなくて、攻撃ボタン連打で勝てます」という難易度で、ノーマルだと「キャラチェンジを多用し、タゲを誘導しつつ敵に対して最適なマテリアルの選択で戦う」みたいに、ガラッと変わります。
    もうちょい、段階的に難易度調整できなかったんでしょうか?と思いました。

製品情報

【発売日】
2020年4月10日

【PF】
PlayStation4

【ジャンル】
RPG

【価格】
9878円

後書

ここ最近で、発売日当日にゲームを買うことが少なくなりましたが、今回のFF7リメイクは発売日当日に買いました。
クリアするまで少ない時間を毎日プレイし続けました。
当初、分作であることなんて気づかず買ってミッドガル奪取したらエンディングが始まって「おーまじかぁ!?」となりましたが、冷静に考えれば「これ以降、分作出来るタイミングねぇな!」と納得しました。

が、一部ではこの分作に文句をいう人も居ますが、この手の人は『インターネットの広告に書かれている1Gbpsを真に受けるタイプ』とそう変わらないと思ってます()
あれもちゃんと読むと右下辺りに「※理論値となります」とか書いてますので、今回の分作問題も同程度ぐらいに考えてます。

この記事を書いている時点で、「次作の構想を練りだした」ということで、一体次のワールドマップ編までどれぐらいの年月がかかるのか不明ですが、死ぬまでには完結してほしいと思います。

全く話は変わりますが、『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』って漫画は1988年から連載が開始されて、週刊から月刊、月刊から季刊、季刊から不定期になり未だに終わっていません。
今回のFF7リメイクには、この漫画と同じ匂いを感じたのは自分だけじゃないはず…。

別の記事でフィーラーの追加理由について独自の考えを述べています。


今後も定期的にゲーム系の何かを書ければと思います。
では、また次回の記事でお会いしましょう~。さようなら~。