感述@辰屋

毎週日曜日12時の投稿出来るよう適度にやる「店主 辰人が体験したことなどの考えや感想など述べる」ブログです。

感想『【Yogibo】Yogibo MAXのレビューを述べてみた/米国発のビーズソファは色々と規格外!』

f:id:tatuhito0603:20200418114047p:plain
ちょい前に人をダメにするソファとしてメディアに取り上げられていた「Yogibo」の「Yogibo MAX」について感想(レビュー)をしてみたいと思います。

製品情報

【サイズ】
長さ:170 幅:65

【重量】
重さ:8.5kg

【その他】
体積:415L
カバー取り外し可/補充ビーズ有/リペアサービス有

購入日

2017年4月8日

購入額

30574円

評価

f:id:tatuhito0603:20200418113854p:plain

デザイン :★★★★★ 5
快適性  :★★★★☆ 4
通気性  :★☆☆☆☆ 1
安定性  :★★★★★ 5
耐久性  :★★★☆☆ 3
多様性  :★★★★★ 5

  1. デザイン
    日本発のビーズクッションの多くは四角形で面がありますけど、このクッションは面が無い珍しいデザインです。
    また、カラーも17色あって部屋の雰囲気などに合わせることが出来る点も高評価です。

  2. 快適性
    点でクッションに乗れば沈み込み、面でクッションに寄っかかるとビーズの細かさも相まって適度な硬さになり快適です。
    とは言え、ビーズなので時間が経てば面であっても徐々に沈み込みますので、腰や身体がちょっと強張ったりする点はこの大きさならではのマイナス点かなと。

  3. 通気性
    通気性はありません。なので夏はほぼ100%蒸れます。

  4. 安定性
    何よりも凄いのは自立(縦置き)することが出来る点ですね。
    結構大きいサイズですが、適度な重さもありちょっとやそっとじゃフローリングでも動きません。

  5. 耐久性
    使用頻度にもよるかと思いますが、3年目を経過して底つき感が出てきたかというとそうではないので、中々の耐久性じゃないのかなと思います。
    また、耐久性に直接関係はありませんが、リペアサービスがあるので耐久性の回復も出来るのは良いかと。

  6. 多様性
    これだけ大きいと、ソファになったり、ベッドになったり、はたまた椅子になったり、とにかくいろんな形になってくれるので便利ですね。

感想

満足度  :★★★☆☆ 3

【ポイント】

  1. 一つで複数の役割をこなせる
  2. 軽量で移動や配置が簡単
  3. 長く使うためのリペアサービスが豊富
  4. 国産に比べて送料が高い

過去には、西友のビーズクッションを利用していましたがそちらはカバーに面が存在していましたがこの製品は面という概念がそもそもありません。
これはデザイン的に独特で非常に面白いと感じました。 また、カバーは17種類ほど用意されており、気分や部屋の雰囲気に合わせて変えることが出来るのも一つの楽しみでしょう。
更に、公式HPで言われているように、これ一つで様々な役割をこなしてくれます。ベッドやソファ、チェアなど普段使い程度なら十分にこなしてくれるでしょう。

長さが約170cmで幅は凡そ65cmと巨大ですが重さは8.5kgと大きい割に軽く移動が容易です。 そのうえ、使わなければ立てて置いておくことが出来る点も省スペースで非常に良い!

国産のビーズクッションの最大の違いはリペアでしょうか。
カバーが特殊な素材で出来ていて伸縮性が非常に高いんですが、当然使えば伸縮性が悪くなるのは道理です。
ですが、店主も経験していますが洗濯して乾かすだけでも伸縮性が少し戻ります。
更に、補充ビーズやインナー及びカバーの販売、何よりもメーカー側でリペアをしてくれるサービスまであります。
ずーっと使い続けるには、最高な環境が揃っています。

しかしながら、書いておかなければならないこともあります。
まず、送料が高いです。あくまで目安ですが、本製品1つで3300円掛かります。
ただし、送料に関してはキャンペーンで送料無料になることがあるので、お急ぎでなければそのタイミングを狙うのがベターかと。

また、ビーズやカバーの状態によって違いますが、ベッドとして使うと腰の部分から沈み込み、ソファーとしてならお尻から沈み込んでしまい底つき感や腰が痛む要因になります。
もちろん、使用者の体重などによっても違いはあるかもしれませんが気を付けるべきかと。

ビーズクッションの世界に鳴り物入りで入ってきたヨギボーですが、品質・サービス・送料と色々と規格外でした。
他にも細かく書きたい点は下記に記しておきましたので目を通して頂ければ幸いです。

様々な家具の代わり

Yogibo MAX最大の長所ですねー。
通常はソファや簡易ベッド、チェアなど複数の家具の役割を一つで賄えます。
結果、部屋を広く使うことも出来ます。
実際、こいつがあるのでソファを買うという選択肢が無くなりました。
もしソファを買った場合、引っ越しに掛かる費用や粗大ごみで処分する費用などが嵩みますが、これなら最悪ビーズとカバーみたいに分けられれば燃えるゴミで処分も可能でしょう。

軽量で移動も簡単

前述した長所に付随しますが、こいつの大きさは長さ約170cm/幅約65cmと巨大ですが重さは8.5kgと大きさの割には軽いと思います。
そのため掃除をしようと思えば簡単に動かすことが出来るので部屋を清潔に保つことも可能です。
家具じゃ簡単に移動するのは大変でしょうから、これも大きなメリットですね。

床などを傷つけない

はい、軽いってことは床を傷つけません。
つまりフローリングだろうが畳だろうが使う場所を選びません。
ただ、カバーにはジッパーがあるので故意的に傷をつけてやろうと思えば出来ると思いますが、通常使用では傷がつくものではないと思うのでこれもメリットでしょう。

送料が掛かる

これは日本のビーズソファを購入の際にはほぼ無いデメリットです。 例えば1ルームで使うと考えて「Yogibo Mini」を購入すると、17380円に送料を足して20180円(送料目安2800円で計算)ほど掛かります。
これが無印のビーズクッションだと「12980円」で送料は無料です。
高品質とか難燃性が高いとか言っても送料が高いってだけで大きなデメリットかなと。
ちなみに、送料を無料にするには1回の買い物で10マン超えです…。
過去には送料無料キャンペーンをやっていますので短所と言えないですかね。

体が強張ったり緊張する

ビーズやカバーの状況によって違いはあると思いますが、
ベッド代わりに使うと、時間が減ると、腰からお尻の部分にかけて徐々に沈んでいき結果、くの字のように体が曲がり腰が痛くなります。
ソファ代わりに使っても同様に、徐々にお尻の部分から沈み込んでいきます。その結果、底に着くようになります。
柔らかくて全体を包み込むような使い心地を求める人にとってはいいかもしれませんが、腰痛やヘルニアの人は柔らかすぎて特定の部分に負荷がかかるようになるので注意が必要かな。

一人用としては大きい

大きさは長さ約170cm/幅約65cmと大きくて正直、一人で使うにはでかすぎます。
で、この大きさなら「ソファ代わり」として利用することも考えられると思いますが、これもやめたほうが良いです。
寝たり横になると、クッション全体が包み込むようになるので身動き取れないので代わりにはなりません。
なので、Podや小さいMiniとかを選ぶのが良いかなと。

後書

今の自宅になるまで基本部屋が狭いところに幅120cmのPCデスクがあるんでソファを置けなかったんですよ。
PCデスク以外で寛げる場所を考えた際に一人で複数の役割をこなしてくれそうだった「Yogibo」に目を付けたわけです。
当然、最初は「値段たっか!」「送料アホじゃねぇか!」とは思いました。(ぶっちゃけいまも思ってます。)
ただ買ってみないとそれだけの価値があるかわからなかったので少ない貯金から購入しました。
使いだした頃はふわふわで弾力もあり良かったんですが、幾つか欠点も見つかり、その後は狭い部屋の肥やしになってましたが、いまの自宅は広いので使い道があるかと期待したんですが…。
そもそも、PCデスク前で張り付いていることが多い自分にとっては「世間一般の利用シーンがほぼ当てはまらない」んですよ。
勿論、多少Nasneのお陰でYogiboにもたれ掛かってテレビを見ることもあるので以前よりは使っていますけどね。
これを読んでいただいた方には同じ失敗をしないよう十分に気を付けてほしいなと思います。


今回、感想で述べたように良い点もありますが、悪い点もありますのでこの記事を見てショップで更に吟味して貰えればと思います。
では、また次回の記事でお会いしましょう~。さようなら~。