感述@辰屋

毎週日曜日12時の投稿出来るよう適度にやる「店主 辰人が体験したことなどの考えや感想など述べる」ブログです。

住居確保給付金のまとめ

f:id:tatuhito0603:20200510171401p:plain
おばんでーす、店主の辰人です。
今まで、この住居確保給付金について3回ほど書きましたが、一度まとめておこうと思います。
今回、初めてこの記事をご覧になられる方はこちらの記事だけで網羅できるよう纏めてありますのでご安心ください。

過去の記事

こちらでは、過去に書いた記事を纏めてあります。

はじめに

住居確保給付金とは?

簡単に住居確保給付金とはどういうものなのか端的に説明すると以下の通りです。

《住居確保給付金》
政府が、共益費や管理費を除いた家賃のみを負担してくれる制度

給付要件

支給対象

  • 申請日において65歳未満であって、離職等後2年以内の者
  • 離職等の前に世帯の生計を主として維持していたこと
  • ハローワークに求職の申し込みをしていること
  • 国の雇用施策による給付等を受けていないこと

コロナウイルスの影響で3番目の要件が不要となっています。

支給要件

  1. 収入要件
    申請月の世帯収入合計額が、
    基準額(市町村民税均等割が非課税となる収入額の1/12)+家賃額以下であること。
    家賃額は、住宅扶助特別基準額が上限。
    (東京都1級地の場合)
    単身世帯:13.8万円、2人世帯:19.4万円、3人世帯:24.1万円
  2. 資産要件
    申請時の世帯の預貯金合計額が、基準額×6(ただし100万円を超えない額)以下であること。
    (東京都1級地の場合)
    単身世帯:50.4万円、2人世帯:78万円、3人世帯:100万円
  3. 就職活動要件
    ハローワークでの月2回以上の職業相談、自治体での月4回以上の面接支援等

資産要件の金額や住居確保給付金で負担してくれる金額の上限などは、お住まいの級地によって変動しますので詳細は社会福祉協議会にご連絡ください。

給付までの流れ

大まかな流れは下記の図の通りとなっておりますが、幾つか気を付けるべき点があります。 f:id:tatuhito0603:20200512230211p:plain

  • 面談~申請は『社会福祉協議会』で、審査は「役場」である
    政府が負担してくれるため、申請を受け付けるのは市区町村役場と誤解しがちですが、面接から申請までは「地域を管轄している社会福祉協議会」となります。
    ただし、以降の審査については役場が実施し審査結果の通知も行います。

  • 現金給付ではないこと
    現金が対象者の預金に振り込まれるわけではありません
    あくまで、政府が肩代わりする都合上、支払いのやり取りは「政府と引き落とし先(不動産会社)」となります。

  • 面談前に申請が出来ない
    面談の時に資料を渡されますので、事前に準備するということが出来ません。
    ただ、後ほど必要なものを記載しますので、そちらを事前に用意して貰えれば最速で提出が出来るのではないかと思います。

  • 手渡しも受け付けるが、その場での書類チェックはしない
    店主が住んでいる地域を管轄している社会福祉協議会では、上記のようなことを言われましたのでその場で書類チェックされなくてもイライラしないようにしましょう。

必要書類

申請に必要な書類を纏めてみました。 この中で、ちょっと面倒くさそうなのは別で説明します。

  • 生活困窮者住居確保給付金支給申請書
  • 住居確保給付金申請時確認書
  • 本人確認書類(※)
  • 収入関係書類
  • 全ての通帳(表紙・中表紙・直近2~3か月分の収支が分かる)(※)
  • 不動産賃貸借契約書(※)
  • 入居住宅に関する状況通知書
  • 不動産会社からの督促通知など(※)
  • 借り入れなどの負債がある場合の書類(※)
  • 求職活動報告書

《注意点》
(※)がついているものはご自身で準備するものになります。

書類内にある理由/事由の記載箇所

申請書や確認書などには、申請するにあたっての理由を書く箇所があります。
面談でどういう風に書くべきなのか確認し、必要に応じてメモを取るようにしてください。

全ての通帳

昨今、紙媒体の通帳からWeb通帳が広がりを見せています。
更に、地方出身者は地方銀行のキャッシュカードを持っていることもあるでしょう。
上記2つのパターンだと通帳記帳が無理ゲーとなる可能性も否めませんので解決策を書いておきます。

  1. Web通帳は、「取引明細ページをPDF化し、コンビニのネットプリント」を行う。
  2. 地方銀行もしくは通帳が無い場合は、残高照会を証拠として提出する。
  3. 上記いずれのケースでもキャッシュカードのコピーも一緒に添付する。
  4. 通帳記帳のコピーが出来ない理由やどのキャッシュカードと残高照会が紐づくのかも明記

理由は、「表紙/中表紙が印刷できない代わりをキャッシュカードのコピーで担保する」ためですね。
この辺りをしておくと、提出後の問い合わせも無くなると思います。

入居住宅に関する状況通知書

これ、不動産会社に記入してもらう箇所があります。ここだけは抜け漏れが無いようにしましょう。
何故なら、ここが抜けているとまた不動産会社とやり取りが発生するためです。

この書類は、「相手がいるから抜け漏れがあるとそれだけ日数と手間が掛かる」とだけ覚えておきましょう。

申請後

申請後は、書類に不備や不明箇所があれば電話が掛かってくるので、出来れば即取るようにしましょう。
何故なら、この時期は折り返しが繋がりにくいことも考えられますので…。

結果についての通知などが来ましたら、この項目もアップデートしますね。