感述@辰屋

毎週日曜日12時の投稿出来るよう適度にやる「店主 辰人が体験したことなどの考えや感想など述べる」ブログです。

感想『【藤次郎】藤寅作 牛刀 210mmのレビューを述べてみました/初めての牛刀だが、使いやすさにビビる』

f:id:tatuhito0603:20200530223137p:plain
おばんでーす、店主の辰人です。
本日は、以前やったペティナイフに続き藤寅作の牛刀についてレビューしていこうと思います。
店主は料理のプロじゃないんで、そこんとこよろしく!

感想

満足度  :★★★★★ 5

価格以上の切れ味を実感できる相棒的な包丁


  • 多少雑に扱える点
  • 料理好きな人も料理が苦手な人でも手が出せる価格と性能
  • 丸洗いできる
  • ハンドル部分が破損する心配がない


  • 冬場はハンドル部分が冷えてて寒い

総評

値段と比較すると、比較的高いレベルでまとまったいい包丁だなと感じました。
値段も当初、店主が買った際は7206円と一般家庭でも、まぁ料理包丁に出せる金額かなと思ったりします。
1万円を超えてくると、料理好きが使いそうなイメージがありますね…。

店主は購入前から「切れ味が良い」という前評判を目にしていましたが、正直、「包丁は研いでなんぼ」という認識だったので切れ味についてはまぁ価格を裏切らなきゃいいかな程度でした。

どちらかというと、牛刀包丁を使ったことが無いので使ってみたいというのと、同メーカーのペティナイフを使用していたためそれと揃えることが目的でした。
結果として、切れ味、グリップ感、使いやすさなど多くの部分で満足しました。

更に言えば、店主はこの包丁と、三徳包丁、ペティナイフと3本持っていますがもっとも利用頻度が高いのは言うまでもなくこいつです。

長さという点もありますが、スパスパ切れる心地よさと根菜類などの比較的大きなサイズになりやすい食材でも分断しやすく、キャベツ1玉などカットする時も以前使っていた三徳包丁だと、安定感が少ない感じがしましたが牛刀ではそういう感覚が無かったのも素晴らしい。

最後に牛刀という包丁を使ってみての感想ですが、個人的に三徳と牛刀どちらを薦めるか?と言われたら間違いなく「牛刀」と答えます。

何故か?
答えは切っ先にありです。
みじん切りをしたり、野菜などの包装をテープ止めしていてそれを切るときなど、細かい作業をするには切っ先が細いほうが断然やりやすいです。
勿論、三徳包丁でもできなくはないですが、扱いにくさは感じました。

ただ、料理にそこまで金を掛けるつもりが無い!という方は牛刀よりも三徳のほうが良いでしょう。
種類も豊富なうえ、価格も様々です。
更に言えば、世の一般家庭では多くが三徳包丁でしょう。それだけ、信頼と実績があると言えますから三徳でも十分だと思います。

料理が好きになったら、牛刀を購入してみるというのを考えてみても良いのかもしれません。

評価

各項目評価

洗いやすさ

一体成形の良さがここにあります。 料理を作った際のクズなどが口金部分に詰まったり、洗い残しによる衛生面の不安は解消されます。

更に、一体成型によりハンドル部分が壊れるなどの不安要素もありません。

ただ、材質と長さからくる重さが曲者です。
洗うと、材質の影響を受けて少し滑る印象を受け、重さから少し取り扱いを気を付けないといけないですね。

使い勝手

今まで三徳包丁を使っていて今回が初めての牛刀となりました。

すげぇー便利です。 具体的に何が便利かというと、切っ先に向かって細いので細かい作業も出来るようになっています。

更に、長さも21cmと比較的長めを選びましたが、今までの三徳包丁だと長さが少し短く人参などの根菜類を捌くのにちょっとした手間が掛かりました。
具体的にいうと、一度で切り切れないので何度か包丁を入れるのですが、その結果奇麗な直線ではなくて少し曲がるんです。
これが個人的には許せないので…それが解消されるのは良いことです!

持ちやすさ

ハンドル部分は、トルネード模様になっていてグリップ感が増しているので持ちやすいです。 また、握る部分に凹凸がありますが、正直このグリップ感にフィットしない人にとっては少し持ちにくいかなとも感じました。

ただ、材質上の問題になりますが…。
冬場はちょっとハンドル部分が冷えますねぇー…。ぐらいです。

切れ味

一般家庭で使う分にはよく切れると思います。
店主も2週間1回ぐらいの頻度で砥石を使っていますが、いまいち切れ味が戻っているか判断が難しいです。

よくある新聞紙に包丁を当ててみるとスパッと切れる映像や動画がありますがあんな奇麗にいきません。 ただ、それでもトマトが切りにくいなどの支障は無いので個人的には十分です!

手入れ

手入れに関しては、ある程度雑に扱っても錆びたりしないのが良いですね。

ただ、以前使っていた三徳包丁を錆びらせた経歴を持つ店主としては最低限の手入れは常にしているので困りませんが…。

それでも、この包丁に使われいてる「コバルト合金鋼」は比較的雑な手入れでも使えそうな感じがしてます。